疲労回復のための睡眠のポイント

疲労回復法の中でもシンプルかつ有効なのは、やはり夜間にしっかり眠ることだと思います。ただ長い睡眠時間があれば良いのではなく、良質な睡眠をとることが何よりも大切です。人間の体は疲労をしているときには、細胞が損傷していることがありますが、これを修復することが重要になります。そのために脳から成長ホルモンが分泌されて回復を行うように指示するわけですが、この成長ホルモンの分泌が行われるのが夜間なのです。

また、体内では消化器官が栄養を消化し、吸収する働きが活発化し、そして肝臓などで栄養が体内で利用できる形に代謝されます。起きている間は、どうしても体内に新しく食べ物が入ってくるために集中して代謝の働きができないのです。眠っている間は消化をそれ以上する必要がないので、より代謝の部分に多くの労力が使われて、体の回復が進むようになります。

この睡眠中の疲労回復を助けるためにも、ぜひ血行をよくしておきたいところです。どんなに代謝が進み、成長ホルモンが分泌されて回復するように指示を出しても、肝心の栄養の通り道である血管が冷えなどで収縮している状態ではしっかりと栄養が周っていきません。できる限り多くの栄養が運ばれるように、血行を良くしておきましょう。

そのためには、できるだけ臓器を温めることが重要です。特に体の中心部は冷さないように注意しておきましょう。冷え症の人は冷えているところを冷す傾向がありますが、冷えを作っている原因にはもともとの体の中心から送られる血液がそれほど温度が高くないといこともありますので、体の中心を温めるようにした方が有効な場合も多いのです。

しっかり睡眠で筋肉疲労を取れるように、睡眠時間の確保と血行改善をがんばりましょう。
こちらもどうぞ>>>>>ラークセブン 口コミ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *